ブログトップ

It's My Life  By J's

jworld2.exblog.jp

「ジェイス」のBROGです J'sの意見 生活のことなど ランダムに書いてます 何でもコメントしてください (写真は亡愛犬ROCKYです) 旧 BROG http://star.ap. teacup.com/j-world/

カテゴリ:政治・社会( 169 )

トルコの政治デモが 10万人規模に拡大している
「これで 東京はオリンピック開催で有利になった」という アホな輩もいるようだ
トルコ国内では オリンピックよりも優先順位の高い問題となるので オリンピックの話題はほとんど出ないとか・・
東京には 政治デモは無いが それよりも もっと優先順位の高い問題が存在する
原発事故の問題であることを忘れてはならない

[PR]
by j-world-2 | 2013-06-11 09:04 | 政治・社会
外国人記者クラブでの 橋下市長の記者会見を見ていて 何だか 彼は 世界中に恥をさらしているように感じた 恥ずかしい限りである
海外の記者も 呆れてきているようで 記事にするのも躊躇しているように思える
発端となった彼の最初の発言の中の「戦争には慰安婦制度が必要なのは誰でも分かる」これが本音であり全てだろう 彼は自分がそういう人間なのである
その後の記者会見では 全て自分を正当化するための会見だけであり 言えば言うほど矛盾が出てくるのに 本人は全く気がついていないようだ
本人が「僕は風俗が好きなんだ」と 本心を言えば この問題は解決するのだ
また 今回の記者クラブの会見を聞いていて思ったことは 彼は 英語が出来ないためなのかは判らないが 外人に対して かなりの劣等感を持っているようだ
前に 政治家として 大阪市長ならば何とかこなせるかな との記事を書いたが 大阪市長も無理かもしれない 「大阪市ならば」何ていったら 大阪市民に怒られるかもしれないが…別に大阪をバカにしているわけではない 
いずれにしても 喋れば喋るほど 彼は政治家には向いていないことが明白になってくるね
記者会見の最初の挨拶で「大阪維新の会の橋下です」と「日本」を使わなかった事は 何らかの計算があったのだろう
そろそろ潮時かな?

[PR]
by j-world-2 | 2013-05-28 15:01 | 政治・社会
慰安婦問題で国内外を騒がせている 橋下大阪市長(維新の会代表)は この2―3日 あちこちのメディアに顔を出して 弁明というか 自分の正当性を主張している

彼は 自分が正しいと思ったことは 絶対に曲げない性格のようだ ただ その事に関して 他人がどう思おうが 自分以外の事・他人様の事は 絶対に考えないし 考えてあげるだけの余裕も無い まだ幼い人間なのであろう
世の中は 正しいと思ったことは 必ず実行できるとは限らない 人それぞれには それぞれの考えが有るし 例え世の中が間違っていた場合でも 現状を正しい方向に変えようとした時には その場所には 色々な しがらみや 人間関係や すぐには動かせない事情などが存在するからである 多くの経験を積むことによってこれらの事は理解できるようになるのだ

彼は いつもそうであるが 正しいと思ったことは絶対に曲げない(僕もそうだが 僕は状況判断はするし 折れる時は折れる) 批判されると 彼は頭が良いので それを正当化するために すぐに鉄壁なガードを付した理論を組み立てる
簡単に言えば 理想と現実のコントロールが出来ないから 正しいことだけにのめりこんでしまうのである

彼は まだ若く 現実的な経験不足なので 他人に対する思いやり等は 持ち合わせてはいないのだろう 
彼の言動は 半世紀前の「全学連過激派」の言動とよく似ている
世の中は いきなり理想には行けないのであり 現実と理想の間の政策を どのように進めていくかが 政治でも何でも それが実務の世界なのであり 一番難しい事なのである

彼の理論では 正当な理由があれば 戦争も正しい事になってしまう 
他国に攻められたら 当然 相手に仕返しをすることも その手段として原爆を使うことも「正しい」行為になってしまうのである

慰安婦に関する「当時の戦争の場合は仕方ない」発言は 現代に置き換えても 多分同じ事を言うだろう
彼は 以前に水商売だったか 女性との不倫騒動を起こした
彼は この事も「男である以上はそういう時もある」で済ませてしまったように 性に対する考え方が 理性的ではなく動物的で (それも正しいと言えば正しいのかもしれないが) 理性ある人間として考えるには 歪んだ考えの持ち主であると言わざるを得ない

こういう人間が 国政に携わったら どんなことになるか 想像すると恐ろしいことである

正しい見方もできる人なのだから 一度 一般人に戻って 色々な経験を積み直したうえで もう一度出直しして欲しいとは思うが 多分 彼は芸能界に戻るだけだろう
ストレートに物を見通す事の出来る 良い目を持っているのに 残念である

そういえば メディアはこの件に関して 彼の周辺にいる 彼の人気に群がった 元横浜市長とか 元宮崎県知事とか 元杉並区長とかの コメントを 何故 報道しないのだろう
なんか 変だねー

[PR]
by j-world-2 | 2013-05-22 05:34 | 政治・社会
飯島内閣参与が 突然の北朝鮮の訪問
北朝鮮にとっては 飛んで火に入る夏の虫だろう 

北朝鮮も このところのミサイル問題などで行き詰っていたので 何かをせざるを得ない環境にあったため この訪問の仕掛けは 多分北朝鮮側だろう
誘われて ホイホイ応じた日本は 隠密行動と考えていたらしいが 飯島氏の北朝鮮への到着風景からその後の行動まで 動きは全て 世界に発信されてしまった
阿部総理の「本件はノーコメント」発言の奥にも 戸惑いの心境が見てとれる
飯島氏も 空港での カメラの出迎えを見て なんとも複雑な顔をしていた

例によって マスコミ等は 大事なことは報道を避けて 異例の厚遇で北朝鮮のNo.2に会ったとか 拉致問題に期待 とか騒いでいるが 既に 事は北朝鮮のペースで進められている
今後も北朝鮮の思惑通りに動くのではないだろうか
 
北朝鮮の目的は 日米中韓の協調の分断も大きな目的の一つだろうし 万景峰号の制裁解除 調整い総連ビルの競売取り下げ等と引き換えに 拉致被害者の再調査を始めるとか 或いは 何人か見つかったので日本に返す とかで 纏めるのではないだろうか

基本的には 拉致問題の解決を望むところではあるが この問題は日米中韓の4カ国においては 日本だけの問題であるので この時期に 今回のような一国の単独行動は 4カ国のチームワークに微妙な影響を与えることを考えて行動すべきであったと思う

政府のこの動きの裏には 7月の参院選も目に入っているのだろう 拉致された人を救出して 高支持率を継続して 選挙で勝ちたいのだろう
このような政局がらみの対応をしていたら 日本は甘く見られて 今後も 拉致被害者を小出しに利用されて そのたびに 大きなお土産を覚悟しなければならないことになるだろう

拉致問題は 日本にとっては大きな問題であるが 政治家はもっと大きなスタンス 大所高所から物を考えて事にあたるべきである

日本にとって北朝鮮は 拉致問題も大きな問題であるが もっと国際的な大きな問題「非核」の問題は 何があろうと無視することは許されないだろう そこが 政治の難しさである
政治家 特に国政に携わる者は 世界のあらゆる事を頭に入れて行動するべきである 
 
[PR]
by j-world-2 | 2013-05-17 16:44 | 政治・社会
またまた 橋下大阪市長兼「維新の会」の共同代表が「従軍慰安婦問題」で失言をして 国際問題にもなっている

この人は 良いことも確かに言っているが まだまだ 未熟な人間である

彼は 政治家になってから 色々勉強をしているようだが 逆であり 政治家になる前に勉強してもらわなければ困る  というか 政治家になってから勉強するなど 本来あってはならないことである 
それなりの経験と知識と政治家としての資質を既に備えている人が 政治家に立候補をし 国民市民に選ばれて政治をするのが筋である 最近は 最近は国会議員でも「勉強中」などと平気で言う人がいる

彼の場合 政治家の器として見るに もともと 人間性に問題がある人だし 政治家の資質も恐らく無いのではないか

問題発言後 昨日あたりから 一部 自分の非も認めるようになったが その会見での態度は まるで他人事のような言い方で とても謝罪をしている人間とは思えない態度であった

彼は 今後も大阪市長の範囲で政治活動をしていれば 大きなボロはそれほど出ないだろうが 国政はとても任せられる人間ではない
こんな人に国を任せたら 日本は 益々レベルが下がってしまうし 国民は悲劇である

人間として基本的なことの一つ「相手の事を思いやる」 特に政治家は 国民市民の事を思いやらなければならないが 彼にはこの部品が無いから 今後も 次々と同様な問題は起こしていくことだろう

誰か 肩を叩いてあげたら如何だろうか・・・

[PR]
by j-world-2 | 2013-05-17 16:37 | 政治・社会
復興予算の使い方については ずっと問題が指摘されてきているが また 何故?という予算の実行事例が見つかった

九州の大分では 林道に また 鳥取でも 震災と何の関係があるのか解らないものが・・・

評論家とか専門家とか言われている偉い人達は 口をそろえて「精査すべきだ!」なんて言っているが 基本的に東北の震災の復興に 九州だの山陰だの関西に 予算を渡すこと自体が間違いである
予算は 全て 東北の被災したエリアの県に渡すべきで それらの県に 使い道は任せればいいのだ その中で 例えば九州の人手や物品が必要であれば 被災県の裁量で それに予算を充てればいいのである

復興は一刻も早く進めるべきであり また時間をかけて 精査などしている場合ではない 直ちに 非被災地の予算は全て回収して 全てを被災地に渡せばいいのだ・・・・イライラ

[PR]
by j-world-2 | 2013-05-10 09:34 | 政治・社会
政府は 来年度予定の3%の消費税増額に関連して 納入業者への圧迫の保護を目的として 小売業者の「消費税還元セール」というキャンペンを禁じようとしている
業者や世間が それはやりすぎとか騒いだら 「消費税」とか「3%」とかの表示が無ければいいとか ゴチャゴチャ!
政府の目的は 自分達の政策の正当化に 納入業者を保護する目的を 上手く利用しているのだろうが 相変わらず 政府も官僚も何をやっているんだか・・
小売業者はブラックジョークで 皮肉をこめて「消費税還元セール」ではなく「消費税 かんげい(歓迎)セール」と名打った企画でもしてみたらどうだろうか・・
政府はどう対応するだろう!

[PR]
by j-world-2 | 2013-05-09 10:17 | 政治・社会
毎年 国会議員の靖国参拝がアジア諸国に波紋を投げかけている

今年は特に 168名という多勢の議員が それも「みんなで渡れば怖くない」スタイルで 纏まって参拝をした
ある 女性の議員が行っていた「個々に参拝すると神社に迷惑がかかるから」 何で迷惑がかかるの? 
参拝は気持ちの問題だから 一般人と同様に簡単に参拝すればいいのでは? 「国会議員です」と言えば 何か 御馳走でもしてもらえるの?
一般国民は 誰も 纏まって参拝する人はいませんよ?
 
この多勢の参拝に対しては 当然 中国・韓国など アジア諸国は猛反発をし 対日感情は 悪化している現状である
何故 こんなにも問題となるのか?
参拝をした多くの議員は「戦没者の霊に敬意を持って参拝するのはどこが悪い!」と口をそろえる
アジア諸国が問題としているのは 一般国民である戦没者の事ではない A級戦犯の問題であるのに その事には触れようとしない
要は 遺骨・霊の合祀の問題である

では 分祀をすればいいではないかと言われるが 関係団体は「そんなことは出来ない」と言う
本当に出来ないのか? マスコミが検証して 皆が知恵を絞りだせば 何らかの方法は有るはずである
分祀をすれば 一般国民の戦没者かA級戦犯のどちらかが 場所を移すのことになるが 要は 関係者は 誰も分祀をする気が無いということであろう

現状のままでは いつまでたっても この問題は解決しないだろう
これらの前提にあるのは 日本は ドイツのように 戦争の総括をきちんとしているか否か ここから紐を解いていくべきではないかと思う  

[PR]
by j-world-2 | 2013-05-02 08:23 | 政治・社会
昨日の猪瀬都知事の発言「イスラム諸国の共有しているのはアラーだけ とか 喧嘩ばかりしている 等」が ニューヨークタイムズ誌に取り上げられ IOCや関係諸国で 問題になっている

この人は 申し訳ないが 小さな人間であるのに 副知事時代からTVに顔を出し言いたい放題 それによる人気(?)の勢いで 都知事となったことにより 「自分は大物」だと勘違いをしているところがある
建設的で 良い事も言うが 所詮は スケールの小さい 都知事がせいぜいの人間であると思う
都知事に当選 オリンピックで大はしゃぎ マスコミに大々的に取り上げられて 舞い上がり 本当の自分を見失っているようだ

都知事としての能力はあると思うが 国政や ましては 国際的な言動を起こすには器が小さすぎるだろう
つい調子に乗って 国際問題にまで口を出してしまったのだろう
井の中の蛙が大海に出て 井戸の中の感覚で物を言ったのだろう

「本意が伝わってはいない」とだけ 取りあえずの言い訳をしているが だったら すぐに 本意はこうだ といえば良いのに・・・未だに説明は無し

多分 今 弁護士や専門家と 何と言い訳したらいいのか相談しているのだろう

前にも書いたが 東京オリンピックは招致すべきではない
IOCがどこまで情報を得ているかは不明であるが 一番の理由は 福島原発の現状であり 将来 ここで何が起こっても不思議ではない そんな状況にある国で 世界中のアスリートを集めたイベントなどすべきではないのは 当然のことと思う
IOCは「そんなことは理解している」と考えている事を願うばかりである

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-30 10:07 | 政治・社会
先日の かつてないほどの多くの議員の約国参拝 軍隊を明記した憲法改正案発表 昨日は沖縄の心を踏みにじる「主権回復の日」と名打った式典を強行 式典では「天皇陛下万歳」三唱 この異様な雰囲気に見せた天皇皇后さまの複雑な顔 更に 安倍総理は軍服を着て戦車に乗るというパフォーマンス そして マスコミに多く顔を出す軍事オタクの石破幹事長こと改憲宣伝部長 彼も戦車に迷彩服で・・・

現況把握のできる人なら解ると思うが コンピュータに使われ ゲームや「おバカ」テレビに熱中する国民が与える 内閣支持率の 異常とも思える高支持率
この高い支持率が続く限り この道は どんどん前に進んでいくだろう
さあ 日本はどこに行くのでしょう 大変危険な未来が見えてきました

平和を求める あの日本の国民は 一体どこに消えてしまったのでしょう 「平和ボケ」で済む問題でしょうか?
何かが 深く静かに進行しているように感ずるのは 僕だけでしょうか?

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-29 08:21 | 政治・社会