ブログトップ

It's My Life  By J's

jworld2.exblog.jp

「ジェイス」のBROGです J'sの意見 生活のことなど ランダムに書いてます 何でもコメントしてください (写真は亡愛犬ROCKYです) 旧 BROG http://star.ap. teacup.com/j-world/

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今朝の 産経新聞に 「まだまだ割安 日本のガソリン」という記事が出ていた ヨーロッパ等のガソリン代の高い国を比較に出して 日本は安いといっているが こういう価格だけの単純比較だけで よく物が言えると思う 
年収やら主な生活費との比較を加味した数字ならば まだ解るが・・・ 
この比較では 日本は1リットル 153円 となっているが その横に アメリカの価格が 94円と載っていた 与党がもし この比較論を出したら 言ってあげればいい 「アメリカはいくらですか? いつもは アメリカの属国のような政策を採っている与党が 今回は 何故 アメリカに合わせようとしないのですか?」 

[PR]
by j-world-2 | 2008-04-30 08:20 | 政治・社会
数年前から作ろうと思っていた花壇 延び延びになっていたのですが
一昨日 天気もよく 時間もあったので 一日がかりで完成させました
数日前に 20-30センチ位 土を掘り返して 日光やら酸素やらを土に触れさせてはいましたが・・
しゃがんだり 肥料を入れて 混ぜ返したりしたので 今日もまだ 体が 結構痛い!


d0075649_9353475.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2008-04-19 09:36 | 生活・人生
後期高齢者医療制度が始まった とんでもない制度に老人は怒り嘆き あちこちで騒動が起こっている
マスコミは 今頃になって ああだこうだと 例によって大騒ぎである
いつの場合もそうであるが この制度が決まったのは 1年以上前である
何故 法律が決まる前に 問題点を検証して指摘し 国民の前に明らかにしないのか!
法律が決まってから 「問題だ」といっても 後の祭りである
福祉が発達している住みよい国であれば 75歳以上のお年寄りの保険料や医療費は 「長い間ありがとう 長生きをしてください」と言って 無料にしてもいいくらいである
それが 虎の子の「年金」から 強制的に保険料を取り立てるなど 言語道断である
個人的にも言いたいことがある 僕はこの40年間で 一年間全く医者に行ってない年が35年以上ある 年をとっても 人のために保険料を払っているようなもんだ
一年間 医者のご厄介にならなかった人には 翌年は保険料を免除するとかの ご褒美を与えるぐらいのことをしてみなさい と 思うのだ

[PR]
by j-world-2 | 2008-04-17 16:33 | 政治・社会
政府は 日本は 老人が増えて これからも増え続けるので 年金や保険制度が破綻するというが 社保庁も他のお役所も あれだけ無駄な使い方をすれば当然だろう 
国民(特に老人)に負担をお願いする前に あちこちの役所で無駄に使われた税金を返済させて 責任者を処分することが先決である
また 世界には老人の医療関係費が無料の国もある位で 老人への医療費への税金の割り振りは 最優先すべきである 
山のようにある税金の無駄遣いを改善すれば かなりの金額が浮いてくるはず
政府は5割を税金で負担すると威張っているようだが もっと多く優先的に捻出すべきものであると思う
後期(政府の心は「末期」とでも思ってるのではないか?)高齢者制度は 小泉総理のときに 自民党他の与党の強行採決で決まったものだが まさに小泉総理の冷たい性格にぴったりの政策といえる

[PR]
by j-world-2 | 2008-04-05 16:02 | 政治・社会
後期高齢者医療制度が 4月1日から施行された 75歳以上の高齢者から 老人にとって命綱である唯一の収入源の年金から 強制的に保険料等を取り立てる制度である 
多くの老人が 収入はこの年金だけであるのに 新制度では 医療費の強制取立てと実質増額まである
以前にも書いたが この国は 皆の為・国の為に 生涯を尽くして働いてくれた 感謝してしかるべき年寄りに対して 優しさや思いやりが無いばかりか いつも冷たい仕打ちをする国である 今回の 新制度も まるで 年よりは早く死ね とばかりの改悪である こんなに腹の立つ制度は無い!
最近の世の中の乱れは あらゆる分野で 度を過ぎているのではないだろうか
このような国に 生きていてとても残念だ 若くて お金があれば よその国に脱出することを 真剣に考えているに違いない

[PR]
by j-world-2 | 2008-04-03 09:41 | 政治・社会
ガソリン暫定税率が廃止となり 4月1日から ガソリン税が25円少なくなった この数年間 次から次に襲い掛かる増税や社会保険料の増加 更に小麦などの原材料の高騰に伴う物価の上昇等に苦しめられる 私達国民にとっては大変ありがたいことだ 初日の昨日は 政府が「大混乱になる」と脅していたわりには さしたる混乱も見られなかった
政府は 「歳入不足で国民に迷惑がかかる 道路が作れない」 等々の理由を言い訳に 再度 ガソリンの税率の増税を計画している
暫定税率の廃止による混乱を回避しようと思うならば 既に購入済みのスタンド内の在庫は 3月末付けで返品 4月1日付けで 新税率で切り直すという 伝票上での処置を認めれば解決できたことである 税率の期限が切れそうなことは分っていたのだから 並行して こういう対策を考えていれば混乱も避けられたはずである なのに全く何もしなかった
道路などは 今日明日に作らなければならないものではないし 今までも 国は多額の税の無駄遣いをしていて 作れるものも作ってなかったではないか
必要な道路は必要なのだから 全ての税金の無駄遣いを洗い直した上で 必要な税金の使い方をじっくり検討すればいい
また 環境問題まで持ち出して「将来この国や地球がどうなってもいいのか」という脅しに近い言い方をしているが 環境問題は道路に限ったことではないので 税金全体の調整の中から 環境問題に使うお金を捻出すればいいのではないかと思う
一方で マスコミも含めて 余り触れていないことがある
ガソリン暫定税率以前の問題であるが この数年は 次から次に 物価の値上げラッシュ この4月からも 原油価格や小麦等の原材料の高騰が要因で 電気・ガスからパンや牛乳 等々 物価上昇はとどまるところを知らない この間 国はこの物価上昇に対する対策は全く行っていない ガソリン税や原材料の輸入税に対する減税など 国民生活が安定するための措置をとることが国の仕事だと思うのだが・・・ 
いずれにしても 税の無駄遣いを 徹底して洗い出せば 膨大な使えるお金が表に出てくるものと思う

[PR]
by j-world-2 | 2008-04-02 08:22 | 政治・社会