ブログトップ

It's My Life  By J's

jworld2.exblog.jp

「ジェイス」のBROGです J'sの意見 生活のことなど ランダムに書いてます 何でもコメントしてください (写真は亡愛犬ROCKYです) 旧 BROG http://star.ap. teacup.com/j-world/

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

民主党の小沢幹事長の政治資金問題に関し、検察審査会は「起訴相当」の判断を下した。
この問題では、自民党を中心とする保守団体や、マスコミなどが、この50年間恩恵を受けてきた利権などを守ろうとの思いから、新政権で改革を進める民主党、特にその核である小沢氏に対し、異常な執念とも思えるような、バッシングを続けてきた。
日本に、本物の政治家がいなくなった昨今、日本を本当に変えようとしている、またその実力がある政治家は、今や、小沢しかいないのは、冷静に政治を考えられる人であれば、誰でもわかるはずである。
僕は、別に小沢氏が好きではないが、彼はの言質には矛盾はないし、常に正しいことを言っていると思う。
政権交代後のこの半年、マスコミは、自分たちの利権を守るために、度を過ぎた報道姿勢をとってきた。日本国民は、政治の情報は、マスコミを通してしか理解はできるものではないが、そのマスコミが、偏った報道を行い、平等な報道をしなければ、国民は何もわかるはずはない。
半年以上も、マスコミの民主党つぶしの一方的バッシング報道を聞いていれば、国民は当然、多くの人が小沢は、鳩山は悪いとなって当然である。
今、日本は、50年間続いた自民党政権の膿を取り除き、新しい時代の確立に向けてスタートを切ったばかりのとても大事な時期にある。
民主党の鳩山氏も管氏も、見てのとおり、政治家としては、まだまだヒヨっ子である。小沢氏がいなければ、おそらく前には進めないであろう。
民主党で一番期待のできる若手、岡田氏が一人前になるまでは、小沢氏は絶対に不可欠である。
小沢氏は、表にいても裏にいてもどちらでもいいのであり、いずれにしても、彼の力を借りなければ、日本は立ち往生をしてしまうのである。
評論家の中には、僕の言うことと同じような事を言っている人も結構沢山存在する。
こういう人たちの言っていることを、国民はよーく噛みしめて聞いて、よーく考えてみるべきである。
でないと、また、旧政権と同じような政官業癒着の古き悪しき時代に逆戻りしてしまうに違いない。
国民が、マスコミの一方的報道に惑わされないよう、切に望むものである。自分たちの、個々の将来のために、本当のことを真剣に考えてみる最後のチャンスだと思う。
日本人の得意技かもしれないが、マスコミの言うとおり、ただただ流れに流されているのではなく、小沢氏の考えや、色々な評論家の意見をよく聞いて、何が正しいのかを自分で考えてみてほしい。

[PR]
by j-world-2 | 2010-04-28 08:01 | 政治・社会
いつまでたっても 問題児の集まり ボクシングの亀田3兄弟の父親が 暴言を吐いた問題で 彼のセコンドライセンスが剥奪された
当然のことであるし まだまだ 処分が微妙に甘い点もうかがえる
彼らは もし格闘技を続けたいのならば ボクシング界から去って K1 や プロレスのような団体に移籍して やりたい放題をすればいいのだ
ボクシングは 真面目なスポーツの一つである
TVの報道映像を見ていて 日光を思い出した
日光の悪猿に 新しいグループができたらしく この軍団が 最近人間に対して 悪さをしているらしい
亀田3兄弟が 3人固まって 眼をキョロキョロしている映像が 何度も流されているが このシーンは まるで ボスがつかまって 残ったサルたちが どうしたらいいのか解らず不安で 3匹が身を寄せて あたりの様子を 不安そうに見まわしている図に ぴったりである

[PR]
by j-world-2 | 2010-04-15 06:38 | スポーツ
バードヒアリング? 聞いたことがない言葉 あるのかもしれないが 自分で命名した
庭に いろんな鳥がやってくる
木に止まったり 下の芝生を歩き回って 何かを食べていたり あるいは 隣の家のTVのアンテナに止まって 下を見下ろしたりしてる
そして その鳥独特の声で 泣きわめく

「イーヨ イーヨ」 何でも認めてくれる優しい鳥だ
「ズビ ズビ ズビ!」 昔いた”ズビズバー”の おじいさんの俳優(?)を思い出す
「クサイ! クサイ! クサイ!」 僕のことを言っているんかー? 近くに来たら 焼き鳥にしてやるぞ(笑)
「ギャー! ギャー!」 生後5か月の 孫娘が兄の発する「きゃー」に呼応して叫ぶ声によく似ている
ヒヤリングだけでも 結構楽しませてもらえる

[PR]
by j-world-2 | 2010-04-14 16:24 | 自然
「池田勇太 マスターズ 初出場で予選突破!!!」
何故 このタイトルなのか?
昨日 ゴルフのメジャー大会の一つ「マスターズ」で 初めて参加した 池田勇太が ギリギリではあるが 見事に予選を突破した
一方 2年めの挑戦であった 石川遼は 残念ながら 1打及ばず 2年連続で予選落ちとなった
今朝の新聞 産経であるが スポーツ面には 石川の大きな見出しはあるが 池田の見出しは無い
よーく見ると 小さく予選突破の記事だけは載っていた
今日の決勝 朝7時前から TBSTVの生中継を見ていたが なかなか「池田良太」の結果に触れない 最後になって「池田も頑張っています」だと
幾つで回ったんだ?
これって あまりにも贔屓(ひいき)が過ぎないだろうか・・
「石川 石川」は解るが 池田も去年は 石川と賞金王争いをしていたが 体調不良が原因で 最後はタイトルは取れなかったが 石川とともに 日本が期待する若手ホープの一人である
日本のマスコミは 人気のある人には 異常なほどの報道姿勢を示す
マスコミが アンフェアであったら マスコミではない
だ・か・ら 僕のブログで タイトルに使ってあげたわけである
これからは 池田勇太を応援してあげようと思う 

[PR]
by j-world-2 | 2010-04-11 08:54 | スポーツ