ブログトップ

It's My Life  By J's

jworld2.exblog.jp

「ジェイス」のBROGです J'sの意見 生活のことなど ランダムに書いてます 何でもコメントしてください (写真は亡愛犬ROCKYです) 旧 BROG http://star.ap. teacup.com/j-world/

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

約一年 我が家の庭等の オーブらしき発光体を デジカメで撮ってきた
原因は カメラの内部要因ではないかと いくつかの他のデジカメも試したが やはり写る
また 葉っぱの影に一部隠れている発光体も探し出し これはカメラの内部に起因するものではなく 何らかの物体が カメラと葉っぱの向こう側に存在する との確証も得られた
未だに 正体は判らないが 直感で考えるに これは 草や木々等の植物に宿る「精」ではないか?
あるいは 犬など一部の動物は 人間の目に見えないものが見える と俗に言われるが この 我々の住む3次元の世界に存在する 人間の目に見えない 何らかの 未知の「生命体」ではないか
はたまた やはり 何かの生命体の「霊魂」なのか???
んなこと 僕のような素人には 解るわけないよね!?
昨夜 撮った写真(以下)を見ていて そんな感じがしたわけである
特に 手前に写る二つの大きな発光体は まるで 写真を撮っている僕を見に来ているような 親しみさえ感じる 他界したワンチャン達「マンディー」「ロッキー」或いは「ペノポコン(ペコ)」かな?
昨夜は 台風の雨が降っていた 降り方は さほど強くないタイミングであった
「これ 雨粒じゃあない?」という人もいるかもしれないが 過去一年の経験から 雨や雪の日は結構多く写ることもあるが 雨と発光体の区別は容易に判るし 激しい雨でも静かな雨でも 全く写らない時 少し映る時 色々であり 発光体の出現と雨とは因果関係がないことは 確かのようである
最初の分析に戻れば 雨が降って喜んでいる「木々の妖精」という タイトルが頭に浮かぶ!


d0075649_9381484.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2010-10-31 09:44 | 自然
夏の8月頃から ネットでバンドメンバーを募集していた
基本の ギター&ベース(ドラムは僕ちゃん)そして 男女一人づつのボーカルが決まり 今月初めに 初めて「リハ」を某スタジオで行うことができた
更に つい最近 もう一人のギター兼ベースが決まり総勢(オーバーな?)6人編成のバンドとなった
あと 女性ボーカル一名とキーボード一名を探している(可能性にある候補はいるが・・)
どなたか 参加されるかたいらっしゃいますか?
現メンバーは 僕が60代 男性4人が50代 女性は30代となった
というわけで 新しいバンドでのスタートである
何をやるのか? 僕らのバンドは 洋曲中心であるが ポップス・ボサノバ・ブルース・ジャズ・カントリー・R&Bなど ジャンルは関係なく 昔からの名曲を中心にレパートリーを選んでいくつもりである
現在のところ Stardust SummerTime SummertimeBlues HaveYouEverSeenTheRain AGirlFromIpanema CrossRoad TulsaTime 等で ロック・ブルース・スタンダードジャズ系など 計画通り ジャンルは目茶苦茶であーる
毎月第一土曜日にスタジオで練習をしまーす
上手くなったら 人前でやるかもよ!?

[PR]
by j-world-2 | 2010-10-30 16:05 | 音楽
裁判員裁判については 以前にちょこっと触れたが もう一言
ここ数日は 「耳かき店員殺害」の裁判で “初めての死刑を扱う裁判か!”と マスコミは例によって 大騒ぎ!
昨日 検察側が「死刑」の求刑を行った
最近の裁判では 原告側である被害者の家族が意見陳述をする
これって やっていいこと?
つまり 裁判等法律などで物事の判定をする時には 絶対に利害関係人の感情は入れてはいけないのが原則だと思う 正常な判断になるわけがない!
裁判員裁判は 法律を知らない素人が その罪と罰を決めるわけであり こういう場合は 当然裁判員は 当然 感情に大きく左右されるわけである
殺害された身内の人が出てきて 涙ながらに感情で訴える もうこれは裁判ではない
裁判とは 証拠に基づき冷静に事実を解明して 法律に照らして罰を決める場である
お涙で 心を揺さぶられて まともな判断ができるわけはない
これは とても恐ろしいことである
特に 最近の検察のでたらめぶりが暴露された今 もし 本当は罪を犯していない人が犯人に見なされている場合 法律も無知な裁判員が 感情に大きく動かされる環境で 人を裁くなど とんでもない話である
このような裁判員の裁判では まともな判定などできるわけがないし 誰でも冤罪で法廷に立たされる可能性がある今の世の中で 「殺された人が可哀想」の感情で裁かれたら たまったものではない
更に 法律の解釈は 専門家でも難しい判断が求められる世界である にもかかわらず・・・
皆さんも いつでも 事件現場や知り合いとの関係次第で 冤罪で一生 別荘生活を送らずるを得ない状況になる可能性がある ということなんですよ
この国は 本当に恐ろしい国になった
 
[PR]
by j-world-2 | 2010-10-26 08:40 | 政治・社会
11日は 雨で一日延期された孫の運動会へ行ってきた
超秋晴れ 暑かったけれど 心地良い暑さであった
先月は 多摩川の河原での「犬猫里親会」のボランティアで陽に焼けたが 昨日も 日陰を避けた(?)お陰で 結構焼けた
昼のお弁当の時間直前に スーパーに行ってビールを仕込み「アルコール禁止」は「知らなかったー」ととぼけて 息子と二人で一杯やった やったー!
去年も 同様に すっとぼけて飲んでいたが 今年は孫には飲ませなかっただけ偉い! 僕が進歩したのだ!(孫は 幼稚園年中さん)
「かけっこ」では 本人の目標「一等賞絶対取る!」は 実現しなかったが 3位だった
ちょこっと しょげてる孫に 百均で手に入れた 大きな金色のメダルを 首にかけてあげたら すぐに元気になった 現金なものだ!(現金は100円しか使ってないが・・・?)
d0075649_838114.jpg


ついでに 彼の妹になる初めての女の子の孫(もうすぐ1歳 つまり まだ0歳)を披露しよう
多分初めてだと思うが 過去の投稿を調べればわかるのだが 面倒なので お許しを・・
男性が嫌いで まだ 男性には誰にもダッコされたことがない・・・と
ちなみに 僕も 勿論 ダッコは駄目でした 逃げられた
また 次の機会にチャレンジしよう!
d0075649_8421536.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2010-10-13 08:44 | 生活・人生
菅内閣は 支持率を気にして 反小沢を明確にしているが 官僚や旧政権やマスコミのストーリーは
まずは 一番怖い相手「小沢氏」をつぶし そのあとは 民主党政権をつぶすことにある
ということを どこまで理解しているのだろうか? 物事を もっと大きな観点から見ていないと せっかくの政権交代は 幻に終わってしまうよ
一番困るのは 国民であるのだが・・・・・

[PR]
by j-world-2 | 2010-10-07 11:48 | 政治・社会
日本人が 何故自主性がなく マスコミの洗脳にコロッと簡単に引っ掛かってしまうのか 理由の一つが判った
TVを見ていると 提起された問題に対し 司会者や解説者が説明をすると アシスタントや周りにいるゲストの人たちが 「ウヮー」とか「「そうなんだー」とか それを正当化し 同調する反応をする 
このパターンが ほとんどすべての番組でみられるが これを見て よく本質を理解していない視聴者は 「そうなのか」と思わされて洗脳?されてしまうのだ 
「知らず知らずのうちに・・・」という奴だ
この手法は 悪質商法と同じである 
お客さんを一か所に集めて 商品の解説をする 面白い話を織り交ぜてお客さんを引き込み 集中させて 核心の説明のところでは 潜り込ませた 或いは 場内にいる仲間に「オー」とか「凄い!」とか タイミング良く声をかけさせて お客さん達を 購買意欲が湧く方向に導いていく
つまり TVが同じような手法で 商品だけでなく あらゆる事象の理解の仕方や考え方を 一つの方向にリードしているのだ
もしかしたら 悪質商法がこの手を真似たのかもしれない
これは 恐ろしいことである
国民を どんな方向にも誘導できるのである
何故 誰も問題にしないのだろうか?
こんなこと お人好しの日本人に言っても「何 訳わかんないこと言ってんだよ!」と逆に馬鹿にされるかもしれないが・・・

[PR]
by j-world-2 | 2010-10-04 16:07 | 政治・社会
菅総理は代表選で世論の反小沢の声に乗っかり 政治と金の問題を表に出して戦い勝利をおさめ 更に組閣も反小沢色を強く出して支持率を上げた
この内閣は どういう内閣だろうか
個々の議員は というより 民主党の若手は 素材としては素晴らしいものがある人が多いのは 誰もが認めるところだろう
しかし 4-50代の若いこれらの議員たちに 共通して言えることは 皆 経験不足ということである
世の中は 表と裏があつて何事も成り立っている
彼らは 極端にいえば 表通りしか知らない人たちである
町には 裏通りもあり 表の顔と裏の顔がある
表通りしか分からず 表の顔しか見ていない人の仕事には 自ずと限界があるのだ
大きな仕事ほど 水面下の動きが大切になる
彼らは 遅かれ早かれ 息詰まることになるだろう
と思っていたら
早くも 尖閣諸島問題で 大失態を演じてしまった
現内閣は 表の法律論でしか処理をしなかった しかも その責任を検察に押し付けるような対応など 小さなミスも随所にみられる
尖閣諸島問題に関連してか しないでか 4人の日本人が身柄を拘束された 
小沢サイドといわれる細野氏が「個人的」という理由で中国に飛び 水面下で何らかの調整(話し合いのほうが今は適切かな?)をした直後に 日本が中国の漁船の逮捕者たちにとった同じやり方で 一人だけ残して 3人は解放された 
本来政治は 水面下の動きなしには 複雑な問題は解決はできないものである
民間企業でも 個人的問題でも 全く同じである
僕には 今の内閣は
「オコチャマ内閣」に思えて仕方がない 
大人の処理が全くできていないし これではできそうにもない
何やってんだか! 
 
[PR]
by j-world-2 | 2010-10-04 16:00 | 政治・社会
僕の卒業した学校の後輩の 神奈川県会議員の大井康裕さんの企画されたバスツアーに 先週行ってきました
彼とは 割と最近(といっても数年前になりますが)知り合い お互いに色々な情報を交換している仲です
神奈川県の西の果てに近いビール工場やら いろんなところを見学してきました
一番のイベントは 丹沢にある 神奈川県を中心とした 我々の飲み水の源である「宮が瀬ダム」
この日は 通常より多くの水の放流が見れました(アユの放流ではありません・・道中 どなたかが言ってましたが・・)
100メートルのダムの堤防の途中から放出されるダムの水 凄い迫力でした
デジカメのビデオに撮ったものを 何年かぶりに と言っても 2回目ですが YouTubeに投稿しました


[PR]
by j-world-2 | 2010-10-03 20:51 | 生活・人生
先週の日曜日 毎月二子玉川で開催されている犬猫の「里親会」にボランティア参加してきた
朝11時から午後3時頃まで準備も入れると5時間位ワンニャンの世話をしてました
約20匹強の ワンニャン 多摩川の河川敷に円状に固定した鎖の輪に リードで繋がれたワンちゃん達(ニャンコはケースの中)は ご来場された方たちと 仲良く遊んでいましたが 動きが騒々しくて リードがすぐに絡まってしまう これを解く役や 食事や水(お皿を蹴っ飛ばすので すぐに補充交換しなければならない)をあげる役割でした
3分の一位のワンニャンが 新しい飼い主を見つけたようです
ペットを飼うマナーが 著しく低いこの国
ワンニャンには 罪はありません
しゃがんでリードを直していると 脇の下から黒ラブが ニューと出てきたり 僕の体に寄りかかって休んだり・・ 主に捨てられたワンちゃん達ですが みーんな可愛い子ばかりでした
この問題も なんとかしなくっちゃ!
d0075649_14352484.jpg

d0075649_14372681.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2010-10-03 14:38 | 政治・社会