ブログトップ

It's My Life  By J's

jworld2.exblog.jp

「ジェイス」のBROGです J'sの意見 生活のことなど ランダムに書いてます 何でもコメントしてください (写真は亡愛犬ROCKYです) 旧 BROG http://star.ap. teacup.com/j-world/

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昨日の猪瀬都知事の発言「イスラム諸国の共有しているのはアラーだけ とか 喧嘩ばかりしている 等」が ニューヨークタイムズ誌に取り上げられ IOCや関係諸国で 問題になっている

この人は 申し訳ないが 小さな人間であるのに 副知事時代からTVに顔を出し言いたい放題 それによる人気(?)の勢いで 都知事となったことにより 「自分は大物」だと勘違いをしているところがある
建設的で 良い事も言うが 所詮は スケールの小さい 都知事がせいぜいの人間であると思う
都知事に当選 オリンピックで大はしゃぎ マスコミに大々的に取り上げられて 舞い上がり 本当の自分を見失っているようだ

都知事としての能力はあると思うが 国政や ましては 国際的な言動を起こすには器が小さすぎるだろう
つい調子に乗って 国際問題にまで口を出してしまったのだろう
井の中の蛙が大海に出て 井戸の中の感覚で物を言ったのだろう

「本意が伝わってはいない」とだけ 取りあえずの言い訳をしているが だったら すぐに 本意はこうだ といえば良いのに・・・未だに説明は無し

多分 今 弁護士や専門家と 何と言い訳したらいいのか相談しているのだろう

前にも書いたが 東京オリンピックは招致すべきではない
IOCがどこまで情報を得ているかは不明であるが 一番の理由は 福島原発の現状であり 将来 ここで何が起こっても不思議ではない そんな状況にある国で 世界中のアスリートを集めたイベントなどすべきではないのは 当然のことと思う
IOCは「そんなことは理解している」と考えている事を願うばかりである

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-30 10:07 | 政治・社会
先日の かつてないほどの多くの議員の約国参拝 軍隊を明記した憲法改正案発表 昨日は沖縄の心を踏みにじる「主権回復の日」と名打った式典を強行 式典では「天皇陛下万歳」三唱 この異様な雰囲気に見せた天皇皇后さまの複雑な顔 更に 安倍総理は軍服を着て戦車に乗るというパフォーマンス そして マスコミに多く顔を出す軍事オタクの石破幹事長こと改憲宣伝部長 彼も戦車に迷彩服で・・・

現況把握のできる人なら解ると思うが コンピュータに使われ ゲームや「おバカ」テレビに熱中する国民が与える 内閣支持率の 異常とも思える高支持率
この高い支持率が続く限り この道は どんどん前に進んでいくだろう
さあ 日本はどこに行くのでしょう 大変危険な未来が見えてきました

平和を求める あの日本の国民は 一体どこに消えてしまったのでしょう 「平和ボケ」で済む問題でしょうか?
何かが 深く静かに進行しているように感ずるのは 僕だけでしょうか?

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-29 08:21 | 政治・社会
庭の手入れをしていて ある木の下で ふと上を見上げると なんと 鳥の巣があった!
敷地内(といっても狭いが)に鳥の巣を発見したのは 数十年ぶりである

何という鳥なのだろう
そういえば 最近 この木の周辺で ピーピー騒ぐ鳥がいて 何やってんだろう? と思っていた

面白いことに 巣の周りには 風香の毛が 大量に使用されていた(尻尾の30cmくらいの長い毛)
よくまあ 拾い集めたものだ


d0075649_9534417.jpg


d0075649_9593795.jpg


脚立を使って 中を覗いてみた
アリャリャ! 卵が一個
留守番の親鳥も 卵を温める親鳥も見つからない

残念なことに 巣の中には 風香の純毛のベットは無かった

無事に生まれることを祈りつつ この巣と卵を守っていこう!


d0075649_1011390.jpg


d0075649_1014527.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-27 10:01 | 自然
庭で 誕生直後の蝶を見つけた
まだ 飛ぶことができずヨロヨロしている
沢山の写真を撮ってきたが こんなにきれいな自然の生き物は初めてである
改めて 大自然の素晴らしさを感じた

飛べないので 手を差し伸べたら 手の上に乗ってきた


d0075649_10593178.jpg


汚れも傷もなく 新緑の若葉を背景にした大自然の色 素晴らしい!
と思った


d0075649_111321.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-23 11:01 | 自然
最近 この国のやっていることは 何から何までおかしくなっているように思う
毎日 TVでニュースを見ていても 何で? と思う事が必ず数回出てくる

今日のニュースでは 
裁判員裁判の裁判員が 裁判中に知り得た事件に関する情報は 事故や事件の生々しい写真を見たり 例え家族にさえも裁判内容の他言は禁止 等のプレッシャーから 特に高齢者にストレス等による病状が多く出ていると・・ で その対応として裁判所は 証拠写真などを最小限にする対策をとっていると言っていた が これは大間違いである

裁判で裁判員を保護する事は 裁判の目的と何の関係も無い
裁判は 被告の罪があるかないか 罪の重さは どの程度であるかを 事実を全て慎重に考慮して判断し被告の人生にとって重大な決定をする場である
以前にも書いたが 裁判員制度はもともと 神を持たない人が多い日本の国民には馴染まない制度である 裁判にあたっての宣誓は 誰に誓うのか? 基本的な部分から考えても  おかしな制度である
一人の人間の一生の将来を裁く重大な制度が裁判制度である
もっと言えば 最近の裁判では 遺族や関係者の発言の場を与え 感情に訴えている
本来 裁判には感情は禁物であるはずだ 全ての証拠を検証して冷静かつ正義の心で判決を下すところである
その大原則から逸脱して 身内が感情に訴えて 法律の知識も無い しかも神なり何なり 正しい基準を持っているのかよく解らない人が 人の一生を裁くなど 本来あってはならないのである

また 別のニュースでは 
国が企業に対して 女性の役員を義務付ける方向で法の改正を検討しているらしいと・・
女性の役員が間違いというのではなく 民間企業 また政治の世界でもどこでも同じであるが 能力さえあれば 男女の違いなど関係ない 何故 女性の役員を企業に義務付けなければならないのか・・
これも 正道から外れたことである

おそらく 世界の女性の役員比率を比較して 日本は低すぎるとか そんな程度の話から出てきた提案ではないだろうか
実力があれば 女性だろうと男性だろうと トップに立てばいいだけの話であり
こういうことを 義務付けたら 企業や組織は滅茶苦茶になってしまう
もし それが原因で 企業が倒産に追い込まれたら 誰が責任をとるのか
制度が無ければ 失敗はトップの人事の失敗・責任で済む話である

その他にも 何を考えているのだろう という事柄が目白押しの昨今である

確か 石原前都知事が行っていたと思うが「今 日本は内部から音を立てて崩壊している」その通りであると思うが 多くの人がその事さえも気付いていないのが現状だと思う

原因はどこにあるのか? いくつも考えられるが 一番大きなことは 社会にPCが入りこんできてネットの社会となった事 国民はこれらPCやネットを使うのではなく 使われている事 その結果 政治家として企業人として国民として町の市民として 一番大切な 自分達が人間であることを忘れかけているのではないだろうか?
人間性が現代人から無くなってきていることにあるではないだろうか

万事の基本である「我々は人間であり機械ではない」という当たり前の事に 日本人の心が変化してきていて「機械や部品」のような人達が増殖しているように思える 

本来 人間として一番大切な 喜怒哀楽という純粋な感情も 最近の「笑」は心から笑えないなど 歪んだものになってきているように思う

この国の専門家のレベルは低下し 人材もいなくなってきているのも こういうことに起因しているのかも知れない

このままでは この国のレベルは 今後もずっと右肩下がりの状況は続くだろう
危機感を持たなければならないが「危機」と捉えられる人もいなくなってきた 

毎日 TVを見るたびに ブツブツ言いたくなる今日この頃である

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-20 08:31 | 政治・社会
自民党は TPP交渉参加に向けて いよいよ動き出した
12日には日米の事前協議で合意に達して 7月には 交渉参加への道が開けた
農業の問題 保険の問題等 多くの問題を含むTPP

現政府の動きを見ていると 完全にアメリカ追従であり アメリカのペースで進められているように見える
本来であれば 例えば農業問題であれば 政府は こういう場合はどうするこうすると 具体的な対策を示して 国民の賛同を得たうえで事にあたるのが当然であるが 表で言われている事は 問題があれば反対すればいいとか 脱退すればいいとか 日本は環太平洋貿易の枠から取り残されるとか 安易な抽象論だけである
しかも 現TPP参加国の間では 何が話され 何が決まっているかも公にはなっていないし脱退が出来るような仕組みなのか否かも不明である

こんな状況で TPP交渉に参加することは アメリカという磁力の強い台風の中に 自ら突っ込んでいくようなものであり 一度中に入ったら 決して外には出てくることは出来ないのではないかと思われる

阿部内閣や自民党の支持率が高い今なら 何をしても恐れる事は無い との判断から アメリカに尻尾を振っているのだろう
日本の国民には 全くと言っていいほど目は向けられていない

自民党が与党に戻り また 民主党への政権交代以前の状態に戻ってしまったようだ
アベノミクスとか黒田節とかで 株価が異常な上昇 また極端な円安への動きが続いているが 一部の大手企業のみしか 給料は上がらない現実 来年には消費税の増税 と お金持ちだけが得をする 以前の政治体制に戻ってしまった

日本の国民は もう少し 政治に真剣に目を向けるべきである 自分達の将来の生活がかかっているんだよ 苦しむのは自分達なんだよ
もうそろそろ 自分の快楽だけを追う国民性から脱却して 他国のように 真剣に家族や他人や国の事を思い 自分達の将来を真剣に真面目に考える 普通の地球人に戻ろうよ

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-14 10:44 | 政治・社会
またまた「親バカ」記事ですが・・・
風香に 新しい友達ができました
4人組の小学生の女の子です みんな 性格もいい可愛い子達です
「写真を撮ってー」と言われたので 撮りました
次に会った時に渡す約束もしました

風香は 散歩に行くと お年寄りから幼稚園以下の子まで 年齢に関係なく 必ず誰かから「可愛い!」と声を掛けられます
僕なんか70年近く生きているのに 一度も言われたことはありません クーーーーッ!(涙)
当り前か・・・・  ケラケラ


d0075649_9294312.jpg


d0075649_9301473.jpg

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-14 09:30 | 生活・人生
今朝のワイドニュースで クレージーキャッツの「日本無責任時代」という本が 出版されたとか されないとか 言っていた
無責任男 植木等 という懐かしいこの言葉 歌も含めて半世紀くらい前に大旋風を巻き起こした
考えてみたら あれから半世紀 日本は依然として 無責任時代から抜け出せていない
全てがとは言わないが 大きな事故や事件が起こっても 肝心な人たちは責任を取ろうとしない
原発事故でも 誰か責任を取ったの? 

[PR]
by j-world-2 | 2013-04-12 06:57 | 政治・社会
風香は いろいろな物を楽しみながら散歩をする
いちいち お座りをして ストーカーのようにジーッとしばらくの間見つめている
家の中でも 人間のすることを ジーッと見つめている いつも「穴がアクー」と思うほどの観察力である

ある日の風香の散歩
まず 門を出た左のほうに なぜか数日前から ズボンが干してあり そのままになっている
まず「あれは何だろう?」とでも思っているのか お座りをして「ジーッ!」


d0075649_1032595.jpg
 

次に 公園に入ると 遠くでワンちゃんが遊んでいる
この子は初めての子だ! 座って「ジーッ!」


d0075649_1053260.jpg
 

夕方の散歩では 公園で小学生が野球の試合
ここでも きちんと座って 「なかなか ウマイジャン!」と しばらく観戦
でも いつも遊んでくれる お兄ちゃん いないなー と 次へ


d0075649_1095328.jpg


散歩道の途中で まだ かまってはもらったことのない いつも遊んでいる子供達を見つけて
「遊んでくれないかなー」と 正座して見つめる
遊んでくれる子たちは 沢山いるのに 風香は 意外と冷めやすく 新しい人が気になって仕方がない


d0075649_1014888.jpg


最後に 別の公園にある小さな丘の上に座って お花見だー 
「おチャケがあればいいのになー」と思いつつ 子供たちの行動を監視!


 
d0075649_1015565.jpg


以上 お花見込みの「ツアー」でした
 
[PR]
by j-world-2 | 2013-04-06 10:21 | 生活・人生